おひさしぶりの更新させていただきます。

下妻市内で建築しておりました住宅がまもなく竣工を迎えます。
限られた立地のなかに、26坪のコンパクトな住まい。
空間の規模に制限はありましたが、
床や巾木、枠材に無垢材を使用し、職人の手加工で仕上げることで、
手触り、心地良さ、あたたかみのある空間となり、
コンパントだからこその冷暖房負荷を抑えた、
省エネルギー住宅となりました。